http://berryjam.jugem.jp/
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

地震から3週間
地震から3週間が経ちました。
我が家はまだ水が出ません。
街のあちこちに地震の爪あとが残り、悲惨な光景があります。
私が住む茨城は南、千葉との県境のこの地域はテレビで報道されることもほとんどないのが現状なのですが、津波や液状化、地盤沈下があり、街の姿は変わってしまいました。
国道沿いに並ぶお店も、今は開いているお店は数店。
店舗の駐車場にはどこから来たのか、流されたコンテナがあったり、歩道には流されてきた車・・・。
傾いた建物に隆起したコンクリ。
仕事からの帰り道、車からみる光景は以前の姿とは別物です。
それでも東北地方の被災地の現状からみれば、大したことありません。
暖かい布団で寝ることができます。
みんな無事です。
少しずつ、前に向かって歩いていかなければ・・・そう思います。

地震の当日、私は東京の実家にいました。
実は今妊娠5ヶ月になる妊婦です。
地震の数日前、少し出血した私は自宅安静という診断をされました。
ベッドで横になっていた時に、あの揺れがきました。
慌てて1階に降りて母とベリーとテーブルの下に隠れました。
今まで地震体験車でしか経験したことのないような強い揺れ。
家のあらゆる物が落ちたりきしむ、なんともいえないあの音、忘れられません。
すぐ停電になった我が家はワンセグで情報を得たり、ラジオからの情報しかありませんでした。
東北は大変なことになっている、旦那は無事だろうか?家族は?茨城はどうだろう?家は??不安が次々と出てきましたがメールも携帯も繋がらない。
ろうそくと懐中電灯の中、不安な夜をすごしました。

ようやく家族全員の無事がわかり、家の状況も分かってきたり、、
茨城の家は多少の地盤沈下があり、庭の一部が地割れを起こしていました。
あとは玄関前のたたき部分のタイルの階段が全体的に落ち、家と離れてしまいました。
まだ調査していただかないと、分からない部分も多いので詳細は控えますが、家の中は無傷。
落ちたものもほとんどなく、茨城の方が揺れが大きかったはずなのに、東京の実家の家の中の方が揺れが大きかったようです。
家の造りでこんなにも違うものかと驚きました。

昨日から東京の実家に避難中です。
結局自宅安静で2週間も仕事をお休みしたのですが、来週も1週間お休みをもらってお休みすることにしました。
まだ水が出ないこと、このストレスがかなり大きくて・・。
一番困るのはお風呂。
今は近くのホテルの温泉に入りに行ったり(有料)、会社のお風呂に入ったり、旦那の実家に入りに行ったりしているのですが、妊婦なので移動も気をつかう上、タイルが滑りやすかったりして怖い思いをしたりします。
早く家のお風呂にゆっくり入りたい・・・。
家のお風呂もガスなら追い炊きできるのですが、我が家はオール電化でエコキュート。
追い炊きができません。。。
タンクとの循環で温めるエコキュートは、断水だと追い炊きができないのです。
こういうとき、エコキュートも考えものですね。
あとは洗濯、トイレ、食事・・何をするにも水ってたくさん使うんですよね。
今までコップ1個洗うのに、どれだけ水を使っていたのか、今よーく分かります。
本当に水のありがたみを日々痛感しています。
復旧にはだいぶ時間がかかりそうです。4月中はかかるという噂。

なかなかブログを更新する気もおきず、放置状態のこのブログですがとりあえず家族無事で、もちろんベリーも元気です。
ベリーは、あの地震以来少し大きな揺れが来ると、不安がり私の元に駆け寄ってくるようになりました。
ベリーにとっても相当なストレスになっているようです。
特にベリーは敏感な子なので、人間が揺れで慌てたりするとパニックを起こします。
早くみんなが安心な生活ができるようになってほしいな。

それと、地震以来茨城に住んでる私を気遣って、たくさんの方からメールや電話をいただきました。
ご心配して頂いた皆様、本当にありがとうございます。
こういうとき、本当に友達って大切だなと痛感します。
たくさん勇気づけられました。
人は一人では生きていけないんですよね。
ひさびさ海へ

 日曜日は茨城の海でトモさんファミリーと待ち合わせ。

まずはお目当ての海岸へと向かいましたが、あいにくの波、しかも思ってたビーチと違〜〜うということで退散。

天気も曇りだったから、海の色も悪くて…ちょっとがっかり。

晴れた日はもっときれいなのだろーか?

他にも海岸に出れる道が絶対あるはず。

また機会があれば、探してみようと思います。

そんなもんで、南下しつつ他も見ながら結局とっぷさんてで入ることになりました。

 


凛々しいラスティ。


サーフボードが良く似合うハーレー。


おすましピッピ姐。


お鼻が砂だらけのベリー。

私とトモさんは犬たちとビーチでお留守番。

曇っていたので日差しもなく日焼けの心配はあまりありませんでしたが、すごい風、しかもちょっと寒いくらいでした。

途中からモカファミリーと合流。

下の記事でも書いたあのモカさんとご対面〜。


すっごくやんちゃで人が大好きなワンコ。

愛嬌たっぷりでかわいいの〜。


ベリーはいつものとおりガウガウ(T_T)

トリオとはずいぶん慣れたもんなんだけどね…。

やっぱり初めてのワンコさんは特にダメなのかな。

 

途中CAZUYOさんファミリーとも会うことができて、約4年ぶりの再会。

思いがけず会うことができてうれしかったです。

 


ビーチで遊んだり、語ったりしてるうちにあっという間にお昼。

CAZUYOさんに教えてもらったお店でランチにすることにしました。

ランチ後は波もないし…ということで、ここで解散となりました。

茨城は千葉と違って、おしゃれなお店もないしおいしいお店もあまりないしね(T_T)

観光できるところもほんっとにないのです。

また次回こちらに来る時は、家にも寄って行ってね〜。

そして、キャンプはぜひぜひ実現させましょう(^O^)

みんなでお酒飲みながらワイワイやろうねー。
日曜日はありがとう〜〜♪

なすとベリー

 昨日、庭仕事をしてる間、ベリーを畑の近くにつないでいました。
そしたら、ぶら下がってるナスに大騒ぎ(−−〆)
鼻でツンツン、噛みつこうとするけどブラブラして噛みつけず…しまいにキャンキャン大騒ぎ。
もうその様子がおかしくておかしくて。
きっとナスを何かの生き物と勘違いしてるんだと思います。
ブラブラしてるのは、ベリーがツンツンしてるからだよ、って言っても分かるわけなく。。。
しばらく旦那と大ウケしてました。
こんなにおバカなわんこだったとは!?
お陰でナスの周りの葉は食いちぎられていました(^^ゞ
ナスは無事でしたが、決闘後のナスは泥まみれになっていました。

久しぶりにコンデジ出して、動画を撮ってみました。


この動画をパソコンで見せたらまたまた大騒ぎのベリー。


モカくんが見つかりました
JUGEMテーマ:ペット
 

ブログで紹介させて頂いたモカくん、見つかりました。

昨日、無事に飼い主さんの元に戻れたようです。

安心しました。

我が家にも犬がいるので、とても他人事とは思えず飼い主さんの気持ちを思うと本当に心が痛んでいたのですが、無事に見つかったという一報を聞いて、本当に本当に安心しました。

ワンを飼っている人なら皆そうだと思いますが、ワンも家族の一員です。

家族の一員を失う事は、とても辛く悲しいことです。

 

リンクを貼らせて頂いたTOMOXYさんは、私が大学を卒業して入った車のディーラーでの同期。

彼女との付き合いはもう10年ほどになります。

彼女にダックスの魅力を教えてもらい、そして我が家にベリーを迎い入れました。

今では家族ぐるみの付き合いをさせていただいています。

とても行動力のある彼女で、いつも驚かされっぱなしなのですが、今回もまた彼女の行動力がモカくん発見につながったんだと思います。

ブログを通してたくさんの方がリンクして下さったり、ショップや動物病院などなどポスターを張らせて頂いたりして、その情報から今回の発見に至ったということで、ネットのつながり・力ってすごいな〜、心やさしい方ってたくさんいるんだなぁ〜と思いました。

 

以下、TOMOXYさんのブログからです。

 

モカ捜索ご協力にありがとうございました!

今回モカ失踪の件では皆さまに多大なご心配、ご迷惑をおかけいたしました。

そしてたくさんのご協力を頂き、本当に本当にありがとうございます。

皆さまのお陰でモカは無事、飼い主の元に帰ることが出来ました。

 

「ボクは元気だよ♪みんなありがとう。大好き(*^^*)」 by,moca

 

昨日の朝、失踪当日に連絡を下さったWさんから、「太東で歩いているのを見た人がいる。」

と言う情報を聞きました。なので、昨日は太東を中心に捜そうかな〜・・・と漠然と考えていました。

その後、モカのママを駅でPick Upしてからまた少しお店を巡ってポスターを貼らせて頂いたり、駐車場にいらした方にお話を伺ったりして、この辺りに犬を沢山保護してる方がいるとの情報を得て

その方のお宅を訪ねたりしました。そこには捨てられたり迷子になったりしたたくさんのワンちゃんがいました。

中にはジャックもいましたが、残念ながらモカではありませんでした。

(もう1年以上飼い主が現れないとか・・・もし「自分の子かも?」と気になる方がいましたらメッセ下さい)

 

再び車を走らせた時、太東のサーフショップからお電話がありました。

ショップの奥様曰く、それらしき犬を保護しているお宅がいるとのことでした。

ちょうど近くにいたため、すぐに情報を下さったショップへと向かいました。

その道中に他のサーフショップの方々からもお電話頂いて、いきなりの急展開に心が踊りました。

 

教えて頂いた場所を見てみると、そこにいたのは間違いなくモカでした。

昨日も今日も捜しに来てくれた旦那達の友達夫婦も駆けつけて、皆でモカとの再会を喜び合いました。

 

保護して下さった方の話によると、月曜日の夜に突然庭に迷い込んで来たのだそうです。

失踪当日にしていた赤い首輪は、保護した時には付いていなかったそうです。


 

夕方、仕事が終わって仕事着のまま都内から駆けつけたモカのパパが到着。

パパッ子のモカ、それはそれは大喜びです。男同士、しばし感動の再会を喜び合っていました。

そしてパパの頭に巻いたタオルバンドをぐいぐい引っ張ってました(笑)

 

当のモカですがタマタマさんと後ろ足に傷があったのと、お腹が虫刺されで真っ赤だったため

ポスターのお礼かたがた、近所の動物病院で診察して頂きました。

傷はいずれも擦り傷で、お腹の赤みは大きなマツダニが原因だったみたいです。

傷は負ったものの、五体満足で飼い主の元に戻れたことは奇跡だと思ってます。

 

ちなみに、「モカかもしれない。」と連絡下さったサーフショップの奥様が

どうやってモカの失踪を知ったかと言うと、

「ジャックラッセルテリア 迷子」みたいな感じで検索したらモカ失踪の記事を見つけて下さったそうです。

こうして嬉しいご報告が出来たのは友達のみならず、沢山の方達がモカの記事をリンクして下さったこと、

ご近所の皆さまが捜して下さったり、横の繋がりを駆使して色々な方に聞いて下さったお陰だと思っています。

 

捜索に協力して下さったり情報提供して下さったご近所&サーファーの皆さま、

リンクしてくれたお友達&そのまたお友達のお友達の〜〜〜〜皆さま、

物凄い迅速な早さでリンクを回して下さったジャック飼いの皆さま、

ポスターを貼らせて下さった地元ショップの皆さま、

mixiやツイッターで呼びかけて下さった皆さま、

そして連絡を下さったショップオーナーの奥様と保護して下さったSさん。

ネット環境にないモカファミリーに代わりまして改めてお礼を申し上げます。

本当にありがとうございました。